×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOEIC「Part6」満点取れるのに多くの人がやっていないこと。

TOEIC「Part6」は満点余裕です!!

 

 

TOEICのテストのPart6は主に文法や語彙が試されます。

 

 

Part6では4題出題され、それぞれに3問の問題が付いている。合計12問あることになりあます。

 

 

このPart6の問題は一見長問題として見受けられるがほとんどが文法。語彙を問われる問題です。

 

 

 

 

英語の試験で一番努力が反映されて得点が取りやすい分野、それが文法や語彙の問題です。

 

 

私自身も高校の時に文法・語彙が苦手でした。

 

 

しかし、一つ一つをしっかり抑えていくことで文法問題では8.9割が可能になりました。

 

 

 

 

語彙に関してはどこまでも限りなく広がっているイメージはありますが、文法に関しては網羅することが可能です。

 

 

これで8.9割は抑えることができます。

 

 

残りは語彙力をどこまで上げれるかによって満点が取れるかが決まってきます。

 

 

語彙がどこまでも広がっているとは言え、英語の試験で設題される問題はある程度決まっています。

 

 

よって、語彙の問題は問題の反復により満点に近づくことができるのです。

 

 

 

 

 

 


Part6に時間を使うのは非効率 Part6全問正解の解き方 例題から見る具体的解法 Part6徹底強化教材